株(ネットでのトレードが主流となっていますね)投資を経験された方でしたら、損切りしなければならない場面に何度か遭遇した事があったでしょう。幸運にも、一度も損切りをした経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)した事がない投資家の方がいらっしゃったら、それは本当に上手に投資をされているのか、それとも塩漬けでガマンしているかのどちらかだと思います。損切りとは、含み損が生じているものについて損失額を確定させる行為です。どんなに投資経験を積んでいても、やっぱり躊躇する場面ですよね。ただ、その気持ちはわかりますが、そのままズルズルと持ち越していても、更に損害が拡大する可能性もありますので、早めの決断が重要となるのです。そのためには、事前に自分の中での投資ルールをきちんと定めておきましょう。例えば、全投資金額は10万円までとして、その中で許される損失額は1万円と決めておきます。そうする事で、1000円の銘柄の株を100株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)購入し、株価が900円まで下落した場合には、損失額が壱万円になったのでルールに従って損切り(これが上手にできないと、資産を全て失う危険性が高くなります)を行う事が出来るようになるのです。損切りを行うという事は、これ以上の損失の拡大を防ぎ、大切な資金を守る重要な役割を果たします。投資資金を守る事が出来れば、また新たな銘柄で利益を得るチャンスがあるのです。つまり、ダラダラと値下がりしている株を塩漬けしているよりも、有効に資金が使えると言う事ですね。「見切り千両、損切り万両」と言う格言もあります。損切り(損が出た時に、それ以上損害が広がらないうちに処分することです)は、万両にも値するくらいの価値があるという事ですよー